肌 保湿 ニベア

ニベアの青缶で肌の保湿は出来るのか

ニベアの青缶が保湿に人気の理由

 

ニベアの青缶とは、定価810円で販売されているニベアクリーム大缶のことをいいます。青く丸い形状の缶で売られているため、ニベアの青缶と呼ばれている商品です。

 

なぜここまでニベアの青缶の人気があるのかというと、安く、気軽に手に入り、保湿力がとても高いからです。

 

良いスキンケアであればあるほど、価格も高く手に入りにくくなります。
特に高価なスキンケアはドラッグストアではなく、デパートで売っていることが多いです。

 

しかしニベアの青缶は、ドラッグストアで500円ほどの価格で販売されていているため、10代の方でも気軽に手に入れやすい商品となっています。
この価格でこの手に入りやすさなのに、保湿効果が高く愛用者も多く、惜しみなく使うことが出来るということでブログやSNS、雑誌でも話題になっています。

 

高くて入りにくい商品の効果が高いのは当然のことです。
その点ニベアの青缶は、気軽に買える商品なのに価格以上の効果があるということで、高い人気を誇っているのでしょう。

 

 

乾燥肌の保湿になぜニベアが効果的?

 

ニベアの青缶の人気の理由はその保湿力にあります。
ニベアの青缶はもともとはハンドクリームとして売られている商品です。顔に使うには刺激が強い、保湿不足だと感じる人もいるかもしれません。

 

しかしニベアの青缶には、高い保湿力を誇るワセリンという油性の成分がたっぷりと配合されています。ワセリンが配合されたニベアの青缶を使うことで、肌の表面に油の膜を張り、水分が簡単に逃げない状態にすることが出来ます。

 

乾燥肌の人は肌表面の膜が足りず、化粧水などで水分を補ってもすぐに水分が蒸発してしまい潤いを保つことができません。しかしニベアの青缶を使うことで、肌内部の水分を保持することができ、乾燥を防ぐことが出来ます。

 

ニベアの青缶はあくまで肌の表面に膜を張ることに優れた商品です。
そのため、ニキビ肌や年齢肌、美白や毛穴対策効果は薄い商品となっています。しかし保湿だけに着目をすると価格以上の効果を実感できます。

 

通常のクリームや乳液だけでは保湿不足だと感じる人は、ニベアの青缶を使ってみてください。

 

ニベアのガッテン塗りの方法を解説

 

ニベアの青缶の使い方で特に評判が良いのが、ガッテン塗りです。
なぜガッテン塗りと呼ばれているのかというと、NHKのためしてガッテンという番組内で紹介されて話題になった方法だからです。

 

塗り方はとても簡単で、洗顔後化粧水などをつけずにそのままの状態でニベアの青缶を塗るというやり方です。
洗顔後、タオルなどでふき取らずにそのままニベアの青缶を塗ることで肌の摩擦を必要以上に行わず、水とニベアが肌に馴染み、負担をかけずに潤いを閉じ込めることが出来ます。

 

ガッテン塗りをする上で大切なことは、皮膚を擦り過ぎないこと、一日2回しっかりと保湿をすること、肌状態を見てお手入れ方法を見直すことです。

 

ガッテン塗りは確かに肌への負担を軽減するスキンケア方法ですが、人によっては保湿不足に感じたり、ニベアの油分のせいで日焼けをしたりニキビが出来る可能性もあります。そのため、肌に合わなかったらすぐに止めることと、ガッテン塗り以外でも保湿をすることが大切です。

 

評判の良いスキンケアでも合う合わないがあります。
ガッテン塗りが合う人は、低刺激でたっぷりと肌を保湿することが出来ます。安価で気軽に試せるスキンケア方法なので、是非実践してみてください。

 

ニベア青缶の良い口コミ

 

 

ニベア青缶の口コミを見ると、とにかく手軽に使えるという部分が高評価でした。いつでも気軽に購入できる、惜しみなく使えるという点はとても嬉しい部分です。高いスキンケアを少しずつ使うことよりも、気軽な値段で買えるスキンケアを惜しみなく使ったほうが肌に良い効果を与えてくれます。

 

また、ニベア青缶は保湿効果が高く、簡単に潤いに満ちた肌を手に入れられます。普段から乾燥しやすい肌質の人にとっては、とても高い効果を実感できるスキンケアとなっています。

 

ニベア青缶は保湿クリーム以外にも用途が豊富で、お風呂場でたっぷりとニベア青缶を塗りパックをする方法も話題となっています。
ニベア青缶を肌が真っ白になるくらいたっぷりと塗り時間を置き洗い流すことでもちもちの肌を手に入れられます。顔だけではなく体全体のどこにでも惜しみなく使えるのも、コスパの良さのおかげです。

 

しっかりと保湿をすることが出来る、安くて気軽に使える、全身くまなく使えるという点が、高評価の理由となっています。

 

ニベア青缶の悪い口コミ

 

ニベア青缶は評判の良いスキンケアではありますが、悪い口コミも少なくはありません。悪い口コミを見てみると、ニベア青缶の使い方を間違えている方や、過度の期待をしすぎている方が多いです。

 

まず、ニベア青缶は油分で蓋をするタイプのクリームです。
肌質に合わないと油分の影響でニキビが出来たり、毛穴が詰まる可能性があります。また、油分の蓋をすることでサンオイルのような役割を果たし、日焼けをしてしまう可能性もあります。

 

テクスチャーが重めの濃厚なクリームなので、肌がベタ付きその後の化粧ノリが悪くなる、べたべた感が残ると感じる人もいます。

 

ニベア青缶は、本来はスキンケアではなくハンドクリームとして売られている商品です。そして、保湿効果が高いと評判の商品です。

 

保湿以外の部分においては効果が不足しているとところが多いですし、乾燥肌以外の人は十分な効果を実感できない可能性が高いでしょう。
また、過度に塗りすぎると油分過多な状態になり、肌トラブルが起こる可能性があります。

 

ニベア青缶は値段以上の保湿効果を感じる商品だと評判ですが、過度の期待はしすぎず、肌状態に合わない場合はスキンケアではなく、ハンドクリームとして使うことをおすすめします。
用途を間違えると、逆に肌質が悪化してしまう可能性がある商品です。

 

 

6:まとめ

 

さまざまなサイト、雑誌、SNSで話題のニベア青缶ですが、誰にでも絶大な効果を発揮する商品というわけではありません。

 

ニベア青缶が話題になったきっかけは、高級スキンケアであるドゥ・ラ・メールと成分が似通っているからです。確かに成分の多くは似ていますが、ドゥ・ラ・メールのクリームには独自の美容成分が配合されているため、ニベア青缶で同等の効果を実感することは難しいでしょう。

 

高価なスキンケアはそれだけ製品を作るうえで沢山の研究が行われていて、価格相応の成分や開発費が掛かっています。

 

ニベア青缶で効果を実感できないというわけではありません。
出来るだけ安く肌の保湿をしたい、潤いを閉じ込めたいという人にはとても手が出しやしく、すぐに効果が実感できる商品がニベア青缶です。

 

低価格で手に入る商品だからこそ話題になり、万が一効果がなくても諦められる、ハンドクリームとして利用できるという点がニベア青缶の魅力となっています。

 

スキンケアは自分の肌に合ったものを使うのが一番です。
最近はニベア青缶のようにオールインワンで手間をかけずに使えるスキンケアで評判が良いものも多いですし、低価格の商品も増えています。
気軽に手に入るのがニベア青缶の最大の魅力なので、気になる人は是非一度試して見ましょう。

 

page top