冬の保湿対策は重要・なぜこんなに乾燥してしまうのか

冬の保湿対策は重要・なぜこんなに乾燥してしまうのか

冬になると気温も下がって寒い上に、乾燥肌にもなりやすくなります。
肌が乾燥してガサガサになって、そこからひどくなっていくとパックリ割れてしまったりということもあるのではないでしょうか。

 

冬の時期は、どうして肌が乾燥してしまうものなのでしょうか。
冬は他の季節と比較すると、断続的に乾燥することが多いのです。
そのためその状態が長期間に渡って続いてしまい、それと同時に肌も乾燥してしまいます。
ガサガサになってしまうと、その部分から水分がどんどん蒸発していってしまうのです。

 

また夏などある程度気温がある季節であれば、肌の表面に汗が出て肌が乾燥してしまうということは少ないとされています。
加えて体温が高い場合は、栄養を豊富に持っている血液の巡りが良くなるとされています。
反対に冬の寒い時期に体温が下がってしまうと、血液の巡りが悪くなってしまい、特に手先や足先などは栄養を含んだ血液が行き渡りにくくなります。
体の水分を蓄えるためには、こまめに保湿していくことが重要なポイントになります。
例えば、乾燥肌になってしまうことによって、皮膚に含まれている水分が蒸発してしまいます。
この場合であれば、ワセリンなどの油脂を含んだ保湿剤を使って保湿するのも有効な方法でしょう。

 

空気が乾燥してしまうと、肌がガサガサになるだけでなく様々なウイルスも活発化します。
冬を元気に過ごすためにも肌の保湿はもちろんのこと、喉の保湿にも気を付けましょう。

 

マスクで正しい保湿対策の方法は?ついでに風邪予防も

 

マスクは風邪予防など外敵から守ることを目的として、広く使用されています。
ところでマスクを着けているとどうしても、湿気がこもってしまいがちです。
こもってしまうことがあるように、マスクは保湿する効果もあり、喉や覆っている部分を保湿するのにもうってつけのアイテムです。
しかしその着用方法や選ぶ物によっては、さらに肌の状態を悪化させる原因となってしまう可能性も高いと言えます。

 

マスクで正しく保湿対策をするためには、気を付けるべき2つのポイントが挙げられます。
1つ目は、風通しの良い素材のマスクを選ぶということです。
マスクは長時間着けていると、自分の呼吸によって発生する蒸気がこもってしまい、蒸せてしまいます。
蒸せることによって肌に刺激を与えてかゆみを発生させてしまうこともあります。

 

2つ目は顔に合ったマスクを買うことです。
顔より小さくても大きくても、自分の顔の大きさに合ったマスクを選ぶことで、マスク皮膚が擦れることを防ぐことに繋がります。
何より自分に合ったマスクを着けていないと、不快感があるのではないでしょうか。

 

ここまではマスクで保湿対策をするために気を付けることに関して説明しましたが、風邪の予防を目的として着けることもあります。
着けているだけで、風邪予防ができると思っている方も少なくないでしょう。
しかし風邪予防をしっかりとするためには、マスクを正しく着けることが大切です。
例えば、プリーツ型のマスクをつける際にプリーツを上に着けてしまっている人がしばしば見られます。
本来プリーツ型のマスクは、プリーツの山折りになっている部分を下にして着けます。
仮に上にしてしまうと、プリーツの間に風邪菌などが溜まってしまい、予防する上では効果を阻害する可能性にもなり得ます。

 

保湿対策にしても風邪予防にしても、選び方やマスクの付け方がより効果を得るために必要な要素です。
マスクを選ぶ際には保湿に加え、肌にも気を遣って使うようにすると、良いのではないでしょうか。

page top